食パンを上手に焼くことと自動車の運転は同じ?

数年前結婚してからパンを焼き始め、すっかりはまってしまいました。試行錯誤の末いろいろな種類の菓子パンやら惣菜パンが焼けるようになり喜んでいたのですが、ある日突然パン作りにつまづいてしまったのです。

それは食パンを焼くのに失敗したことです。食パンといえば、単純な形のありふれたパンで一番簡単に焼けそうな気がします。しかし、その時の私は何とも不恰好な食パンしか焼けなかったのです。

それ以来毎日毎日食パンばかり焼き続ける日が続きました。 食パンの形は確かに単純ですが、その日の気温や発酵具合、生地の状態が顕著に影響し、格好も味も良い食パンを焼くのは至難の技だと思い知りました。

1ヶ月ほど毎日食パンを焼き続けたある日、ふと自分が納得のいく形の食パンが焼けるようになりました。もちろん最高と思えるほどのレベルではありません。でも、一番ベーシックともいえる食パンが思うように焼けるようになったことで、自分に少しだけ自信がついたように思います。

自身がついたといえば今、車の運転も随分と上達したなと最近ダンナに言われて嬉しくなっちゃいました!長年、ペーパードライバーだったので助手席に座って貰って週末なんかは買い物へ行っていました。早く一人で乗れるように頑張ろ。
かんたん車査定ガイド 口コミ

コメント

コメントを受け付けておりません。