最後まで使い切ること

先日、仕事中にずっと使っているボールペンのインクが切れてしまいました。
だからどうした?って感じなんですけど、久しぶりに「使い切ったんだな~」なんてしみじみしちゃったんですよね。

ボールペンなんて、いつも数本コロコロしてるものじゃないですか。
でも今、私は仕事で同じボールペン1本しか使ってないんです。
元々そんなに書くことが多い仕事じゃなくて、転職なんかもしてきたので一年経つか経たないか位なんですけど、それでも1本使い切ったんだなあって。

よく思い出してみると、ひとつのものを最後まで使い切るのって意外と難しいですよね。
小さい頃にお世話になったクレヨンだって、1本なくなるまで使った記憶がありません。
特に茶色とか紫色って絶対減りが遅いですよね!
あと、ろうそくなんてどうでしょう?
最後まで灯しきってなくなるまで使ったことのある人、そうそういないんじゃないでしょうか。

そんなことを考えてみると、ものって大事にしなきゃなって思いますよね。
あ、もちろんそのボールペンは、中のインク芯だけ買ってこれからも使い続けますよ。

コメント

コメントを受け付けておりません。