ご飯は結婚生活の要?

新婚当時は、旦那に美味しい物を食べさせたくて、手間隙かけてご飯を作っていました。作るのも楽しかったですし、旦那の「美味しいよ」の一言が、なによりも最高のご褒美でした。

それが、結婚生活が長くなるにつれて、手間をかけるのも面倒くさくなり、品数も減って、スーパーのお惣菜、冷凍食品やレトルト、インスタントものでごまかす様になっていきました。ひどい時には、インスタントラーメンだけの日もあったりして。。悪いなぁと思いながらも、毎日毎日ご飯を作る事に飽きてしまい、なかなか新婚当時の様にルンルン気分で作る事はなくなっていました。ブライダルエステ 口コミ

そんなある日、学生時代の友達が結婚をして、旦那さんに作っているお弁当や、晩ご飯の画像をメールで送ってきてくれるようになりました。大きなお弁当箱に、これでもかという位の美味しいそうなおかずが美味しそうなんです。晩ご飯も、毎度毎度ちゃんと作っていて、本当に美味しそうなものばかりでした。そんな、画像を見ているうちに、わたしも旦那においしいものを作ってあげたいと思う様になりました。また、「美味しいよ」と旦那に言ってもらいたい。そう思う様になりました。

それから、ちゃんと作るようにしたんです。新婚当時までとはいきませんが、旦那の好きなおかずや、野菜も食べるように副菜で彩りを添えたり、色々手間隙をかけるようにしました。そうすると、旦那が優しくなってきたんです。今までが、冷たかったというわけではないんですが、ご飯をちゃんと作る様になってから、確実にわたしに対する態度が優しいんです。それで、今までの食事を反省して、今ではちゃんと作る様になりました。結婚生活、やっぱりご飯は大切なんだな?と改めて思いました。

コメント

コメントを受け付けておりません。