ダイエットと食物繊維と咀嚼回数

ダイエットをする時は、出来るだけ摂取するエネルギーを減らす事が必要です。
そうすれば体内にある脂肪の燃焼が進むからです。
そこで便利なのが食物繊維となりますが、実際にダイエット目的で利用する場合は不要性の物を摂取しましょう。ミュゼ 口コミ
また、食物繊維を摂取する時は出来るだけ咀嚼回数を増やす事がポイントです。
人間の脳は大体食べ始めてから20分程度経過してから満腹中枢が刺激されて満腹を感じる事が出来ます。
咀嚼回数が少ないとどうしても食べ過ぎに繋がってしまう為、気が付いたら食べ過ぎてしまっているという事も有るからです。
咀嚼回数を増やせば一口に費やす時間も増える為、同じ量を食べる時でも時間がより必要となります。
食物繊維の豊富な食品と言えば、イモ類と言う人もいますが、実際には切り干し大根やごぼう等も魅力的な食材です。
これらは調理をする時の下ごしらえが面倒だと言ってなかなか使わない人もいますが、食品そのものにかみごたえがある為、これを上手に取り入れると咀嚼回数を増やす事が出来ます。
特に油を使わない調理法やノンオイルのドレッシングを使ったサラダ等を作ると、より低カロリーの食事にする事が出来ます。
ただ、ダイエットをすると水分摂取も減らしてしまう人がいますが、それは良くありません。
水分が少なくなると血液がドロドロになりやすくなるだけでなく、繊維質を摂取した事によって便秘になる可能性があるからです。
まずはごぼう等しっかりと噛んで食べる事、そして同時に水やお茶等を適宜摂取する事がポイントです。

コメント

コメントを受け付けておりません。